スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリアル/北國浩二 ★★★☆☆

命の恩人である兄に負い目を感じて生きてきた高校生・サトル。夢中になれることもなく、だらだらした日々を送るなか、ある日兄が申し込んだ体感型オンラインゲーム“アンリアル”に一緒にログインすることに。ある村でサトルはノンプレイヤーキャラクターでありながら「心」を持ってしまった少女・イーヴと出逢う。彼女は「ハートホルダー」と呼ばれる存在だった。「イーヴ狩り」を目論む兄たちから、サトルは彼女を守ろうと決意するが…。

<もうゲームなんて言ってられなくなるかもしれないぞ>

「アンリアル」の世界が残酷すぎてキツイ・・・。
ゴシック文字の部分はほとんど飛ばし読みでした。
ライトノベルですが、現実の日常もやり切れない雰囲気が漂っているのですよね。
ゲームにハマっていくサトルの兄の変化と、「ハートホルダー」の存在はなかなか興味深かったなぁ。
ラストはドラマチックでとても好みです。映像が浮かびました。続編は不要。

あとがきの最初の数行で北國さんに好印象。
道尾さんのエッセイを読んでから過敏になってるかも。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。