スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い廊下がある家/有栖川有栖 ★★★☆☆

廃村に踏み迷った大学生の青年は、夜も更けて、ようやく明かりのついた家に辿り着く。そこもやはり廃屋だったが、三人の雑誌取材チームが訪れていた。この家には幽霊が出るというのだ―。思い違い、錯誤、言い逃れに悪巧み。それぞれに歪んだ手掛かりから、臨床犯罪学者・火村英生が導き出す真相とは!?悪意ある者の奸計に、火村英生の怜悧な頭脳が挑む。切れ味抜群の本格ミステリ傑作集。(amazonより)

<しょうもないことを思いついただけです>

安定感のある短編集でした。
表題作は途中のアリスの推理にハマってしまったので、真相が少しパンチ不足。
「雪と金婚式」は既読でしたが、何度読んでも読後感が温かくて好みです。
「天空の眼」は真相とは違うところでびっくり。
まさかの成長物語でした。少し寂しい・・・。
「ロジカル・デスゲーム」の確率論にとっても納得。
でも火村さんの行動は予想がついたなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。