スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烙印/天野節子 ★★★☆☆ 


東京の公園で男が絞殺された。身元を調べるうちに、被害者の地元・兵庫県養父市でも数日前に白骨体が発掘されていたことがわかる。発見場所も殺害時期も異なる二つの遺体―。だが、警視庁捜査一課の戸田刑事は、事件の関連性を疑い始める。そして捜査を進めるうちに、ひとりの新進気鋭のカメラマン鈴木太郎に辿り着くが…。

う~ん・・・こういう地道に展開する作品が苦手になってきてるかも。
登場人物もアリバイトリックもなかなか頭に入ってこなくて困りました。
それでも大体のあらすじだけで、犯人も真相も予想がつくのですよ。
いやにまどろっこしい展開かと思えば、伏線がド直球だったりして、ミステリとしては物足りないです。
動機は好みなのですが、犯人の苦悩や葛藤が伝わらなくて、説得力が弱いと感じました。
これではタイトルももったいない。
壮大なスケールの事件を扱っているわりには、こじんまりとした読後感です。
遭難事件の描写が良かっただけに残念でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。