スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリス猫DCの事件簿/若竹七海 ★★★★☆


島に一人の駐在は、今日もてんてこまい。神奈川県の盲腸と呼ばれる葉崎半島の先、30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす猫の楽園、通称、猫島。厄介ごとは次々起こるものの、対処するのは島にある派出所に勤務する七瀬晃巡査ただ一人。そして目つきの悪い巨大なドラ猫こそ、七瀬唯一の同僚、ポリス猫DC。DCの推理は今回も冴えるのか?

<猫は不愉快な記憶をとっとと忘れる>

ほのぼのとしていて好きです、このシリーズ。
ポリス猫・DCが三毛猫ホームズ並に活躍します。
(ホームズより愛嬌があって好きかも。)
DCに頼ってばかりではなく、七瀬巡査も実に勘が働くのですよね。
トラブルの連続であたふたしながらも、さらっと推理を披露する姿勢は魅力的でした。

ミステリとしては甘めです。
のんびりした雰囲気の中でも殺人事件を扱うってのがさすがですが、真相はあっさりしてます。あと、最終章で各章の伏線をもっと綺麗に回収してくれると思っていたので、少し残念。
「~多忙な相棒」の仕掛けと結末が一番好みかな。

前作の内容をすっかり忘れていましたが、感想を確認すると七瀬巡査のことにもちゃんと触れていました。
やっぱり再読してれば良かったと後悔。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。