スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇を見よ/日本推理作家協会・編 ★★☆☆☆


稀代の作家たちが催す恐怖と幻想の饗宴! すべてのミステリーファンに贈る、三年に一度刊行される大好評アンソロジーの第三弾。三カ月連続刊行の掉尾を飾るに相応しい当代きっての作家たちが集結。ミステリーとホラー、ジャンルの間を自由自在に越境する才能が、謎の奥に潜む狂気と恐怖を抉り出す。ミステリーファン必携の豪華な一冊!

隣の四畳半/赤川次郎・・・サラリーマンの哀愁の描写が本当に巧くて泣きそうになった。
ゲバルトX/飴村行・・・これは無理。中身がなさすぎる。
ちゃーちゃん/乾ルカ・・・結末は読めてもゾクリとした。
おねえちゃん/歌野晶午・・・既読
三つ、惚れられ/北村薫・・・主人公のモヤモヤする気持ちに笑った。
猫と死の街/倉知淳・・・真相に納得できない。
雪を待つ朝/柴田よしき・・・主人公の心情の変化が強引かも。雰囲気とラストは好み。
十円参り/辻村深月・・・内容は普通の怪談だけれど、やっぱり巧い。
引き立て役倶楽部の陰謀/法月綸太郎・・・真面目に読んで損をした気分。
吉原首代売女御免帳/平山夢明・・・オチは嫌いだけど、それまでのストーリーに夢中。
冬の鬼/道尾秀介・・・既読
ろくろ首/柳広司・・・こういうのを真相に持ってきちゃダメだと思う。
身内に不幸がありまして/米澤穂信・・・既読

ミステリだと思って読むと残念な気分になります。
全体的にホラー風味でした。
辻村作品と、既読の道尾作品と米澤作品以外の印象が薄いです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。