スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深泥丘奇談・続/綾辻行人 ★★★☆☆


日常と非日常、論理と非論理、人と人ならぬものたち…妖しき反世界の気配が読む者を幻惑し、魅了する。主人公の住む「深泥丘(みどろがおか)」の全貌は明かされるのか? 目眩(めまい)? 揺れているのは自分なのか世界なのか。恐ろしくも可笑しい可怪しくも神妙な破格の怪談絵巻、第二集。


<どうして私の記憶はこんな―こんなにも・・・>

いくつかのオチは眩暈と巨鳥で煙に巻いてますが、やっぱりこの世界観はいいですね。
前作より読みやすかったかも。
主人公の置かれている状況にゾクリときた「狂い桜」がお気に入り。
『どんどん橋』テイストの「ソウ」のラストには笑った~。さすがです。
「切断」は既読ですが、やっぱりインパクトがありました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。