スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カササギたちの四季/道尾秀介 ★★★☆☆


開店して2年。店員は2人。「リサイクルショップ・カササギ」は、赤字経営を2年継続中の、ちいさな店だ。店長の華沙々木は、謎めいた事件があると、商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、副店長の日暮は、売り物にならないようなガラクタを高く買い取らされてばかり。でも、しょっちゅう入り浸っている中学生の菜美は、居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしない―。

<出番ね、華沙々木さん>

毎回、華沙々木の推理を日暮がリペアするというパターンなので、どんでん返しを楽しむ作品ではないのですが、それにしても地味でした。
華沙々木の推理(そしてキャラ)がもう少し破天荒なら、違う楽しみ方があるのになぁ。とっても印象が薄いです。
帯や作中の意味深な煽りから「彼女を落胆させてはならない」理由に全力で期待したのですが、こちらも説得力が弱くてガッカリ。
心が温まるストーリーで読み心地もとてもいいです。それだけです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。