スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちが星座を盗んだ理由/北山猛邦 ★★★☆☆


恋のおまじないに囚われた女子高生の物語『恋煩い』、絶海の孤島にある子供たちの楽園の物語『妖精の学校』、孤独な詐欺師と女性をつなぐケータイの物語『嘘つき紳士』、怪物に石にされた幼なじみを愛し続ける少年の物語『終の童話』、七夕の夜空から星座を一つ消した男の子女の子の物語『私たちが星座を盗んだ理由』。これぞミステリの醍醐味。全てはラストで覆る。

<その場所は何処にも属さない!>

「恋煩い」既読
「終の童話」が一番お気に入りで、真相も読後感もとても好みでした。
「妖精の学校」「終の童話」より後に読んだ方が、真相の落差が大きかったかも。
「嘘つき紳士」は携帯を拾うきっかけが面白かったけれど、何の謎にも惹かれないまま真相が解明されるので地味。
表題作は、どこかぼんやりとした印象。もっと切なくなりそうなストーリーなのに。

どの作品も、ラスト一行の余韻はなかなか深いです。覆りはしないけど。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。