スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディアン・サマー騒動記/沢村浩輔 ★★★☆☆

軽い気持ちで登った山で道に迷い、その夜無人駅に泊まる羽目に陥った大学生・佐倉とその友人・高瀬は、廃屋と思い込んでいた駅前の建物“三上理髪店”に深夜明かりが灯っているのを目撃する。好奇心に駆られた高瀬は佐倉が止めるのも聞かず、理髪店のドアを開けてしまう。そこには…第四回ミステリーズ!新人賞受賞作の「夜の床屋」ほか、子供たちを引率して廃工場を探索することになった佐倉が巻き込まれる、真夏の奇妙な陰謀劇「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」など全七編。

アンソロジーで「空飛ぶ絨毯」を読み、気になっていた作家さん。
真相はともかく、謎と展開がとっても好みなんですよね。
伏線も丁寧で、好感が持てます。

でもでもでも、「『眠り姫』を売る男」で世界観が「???」。
(猫が集まる理由は面白いですが。)
エピローグにも苦笑。
別に無理やり連作にしなくてもいいのに・・・。
ものすっごく変な読後感です。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。