スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線の波紋/長岡弘樹 ★★★☆☆


一つの事件が起こした波紋は「別の新しい事件を引き起こし、その新しい事件がまた波を立てる。波は当事者のみならず、周りの人々までをも飲み込み、翻弄していく」── 。
誰かが誰かを傷つける──そんな事件の裏側には、ときに誰かが誰かを守ろうとする物語が潜んでいる。
事件の陰にある「救い」を描いた連作長編。



<その裏側には、ときに反対の物語が潜んでいる>

第一話「談合」の結末に物足りなさを感じたので、連作と気づいてホッとしました。
「追悼」は、ミスディレクションが露骨で真相が読めてしまったのが残念。
「波紋」もやっぱりなぁという感想ですが、「再現」は読み応えがありました。
ところどころの違和感(いたずら電話の真相やまーくんの魅力など)で突き放される感覚になるので感動しにくくなっちゃったかも。

「エピローグ」の「守り方」が一番心に残りました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。