スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麒麟の翼/東野圭吾 ★★★☆☆


ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――。
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。


いい話でしたが、最高傑作なのかどうか。
(私の中でのシリーズ最高傑作は『眠りの森』。)
『新参者』のようなテイストなのに、それほど感動できず。
父親が見えなさすぎて、真相と巧く噛み合わないまま読了。
以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
父親の立ち回りの下手さだけが目に付いてしまった。
(エピソードが少ないので、不器用さに感動することもできない。)
刺された原因にしても、自分の息子と向き合う前に、友人に連絡するという思考が理解できないんだよなぁ。
息子が「なるべく顔を合わせないようにした」くらいで諦めた?
この事件は回避できただろうし、言ってしまえば、父親が死んだから美談になったんだと思う。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。