スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背の眼/道尾秀介 ★★★★☆

ホラー作家の道尾は、旅先の白峠村の河原で「レエ オグロアラダ ロゴ・・・」という不気味な声を聞く。その言葉の意味に気付いた道尾は、「霊現象探究所」を構える友人・真備に相談する。その真備のもとには、被写体の背中に2つの眼が写る4枚の心霊写真が届いていた。それらはすべて白峠村周辺で撮影され、後に彼らは全員が自殺しているという。未解決の児童連続失踪事件、自殺者の背中に現れた眼、白峠村に伝わる「天狗伝説」。これらに隠された真実とは・・・?

第5回ホラーサスペンス大賞・特別賞受賞作。

ホラーは苦手なのですが、綾辻さんが「意欲的な本格ミステリ」と評されていたので、手に取ってみました。
確かに、序盤はバリバリのホラーテイストです。
特に、「レエ・・・」の不気味な声の意味するところがわかった時は衝撃を受けました。
その答えの見せ方がとても上手で、思わずゾッとします。
しかし、おどろおどろしいのはここまで。

「霊現象探究所」の所長である真備と助手の凛が登場すると、ホラーの雰囲気が一変します。
キャラの設定が京極作品に似ているとの指摘がされているようですが、そう言われてみれば。
もちろん、本書の方が薀蓄やら何やら軽めなのですが。
文体や構成などが私にはぴったり。
次々に現れる謎を少しづつ明らかにしていく手順や、意味ありげな伏線が気になってページを捲る手が止まらなくなりました。
ただ中盤に、いきなり犯人が明らかになるので戸惑います。
特に意外性も無いし、ここはもう少しひっぱって欲しかったんだけど・・・。
でも、ラストで犯人を追い詰めた際に、真備が行った「あること」。
これは、ちゃんと設定を活かせていて巧いと感じました。
よく考えると事件そのものが、嫌悪感を持たずにいられないものなのですが、不思議に読後感は爽やかなのです。
ホラーだということをすっかり忘れてました。

気になる点は、いろんなテーマを詰め込みすぎの感があり、一番解明して欲しかった謎が尻つぼみに終わったこと。
そう考えると、省略しても良い箇所がどんどん出てきて、冗長だという評も頷けたりします。
終盤も説明調が続きますし、ご都合主義な展開など、いかにもデビュー作という手馴れ無さも感じました。
評判もあまり芳しくないようで残念。
でも、何気に次回作を楽しみにしてます。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。