スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍の寺の晒し首/小島正樹 ★★★☆☆

群馬県北部の寒村、首ノ原。村の名家神月家の長女、彩が結婚式の前日に首を切られて殺害され、首は近くの寺に置かれていた。その後、彩の幼なじみ達が次々と殺害される連続殺人事件へ発展していく。僻地の交番勤務を望みながら度重なる不運(?)にみまわれ、県警捜査一課の刑事となった浜中康平と彩の祖母、一乃から事件の解決を依頼された脱力系名探偵・海老原浩一の二人が捜査を進めて行くが…。

どのトリックも巧妙なのですが、解明が淡々としていて味気ないのですよね。
もっとドラマチックに見せてもいいんじゃないかな。
それでも第一の首消失のトリックには驚きましたよ。すごいインパクト!

浜中の不運なエピソードには笑ったし、一乃ばあとの関係も微笑ましいのですが、探偵と絡むと一気に面白くなくなるのが残念。
2人の「軽妙な掛け合い」に気恥ずかしくなるのですよね。
いつまで経っても海老原は馴染まないなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。