スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭図書館/乙一 ★★★☆☆


少年が小説家になった理由。コンビニ強盗との奇妙な共同作業。ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。

<キャッチコピーは【物語を紡ぐ町】>

集英社の「読者のボツ原稿を乙一がリメイクする企画」で出来上がった作品集。
久しぶりの新作のため、乙一の作風を忘れかけてる私としては他人のアイディアにも不満はありません。
登場人物たちの特徴的な会話が好きなんですよね。
青春に怯える高校生が一歩踏み出すまでを描いた「青春絶縁体」やミステリ仕立ての「ワンダーランド」も楽しめましたが、中でも「透明人間の足跡?」を見つけた男女の「ホワイト・ステップ」はストーリーも展開も異常にクオリティが高いです。
ドラマ化したら映えるだろうなぁ。なかなかの余韻なのです。
(足跡ってことで、台湾映画の『ラブゴーゴー』を思い出したり。)
正直、潮音さんはいてもいなくても構わないのですが、オチは気に入りました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。