スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍の命題/門前典之 ★★★☆☆


究極の「嵐の山荘」――。ほんとうに誰もいなくなった!
とある湖畔の別荘に集められた6人は、やがて全員が死体となって発見された。なぜか死亡時刻も死因もバラバラだった。「犯人」は何を意図していたのか。究極の「雪の山荘」ミステリついに刊行。


<死だ。死の演出だよ>

前作でも感じたけれど、この作家さんとは相性が良くないのか、とてもストレスがたまる文章となかなか進まない展開に断念しそうになりました。
伏線の傍点にすらイライラしてしまう状態だったのですよ。
でも、我慢して良かった~!
事件の全体図も興味深いものでしたが、何といっても第一の事件の真相がとっても好みでした。
兜虫の真相だけもう少し・・・何とかしてもらえれば満足だったのですが。
(いや、普通ならアリなんですが、一つ目の真相が好みすぎて・・・。)
最初は掴み所がなくてモヤモヤした「プロローグ」も、読み返すといろいろと納得できるのです。いやぁ、我慢が報われたわ~。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。