スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリゴコロ/沼田まほかる ★★★★☆


亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!

<罪の意識なんて、はじめからないのですから>

「ユリゴコロ」の意味は途中で説明されますが、それにしても語呂がイイです。
手記を読んで「こういう真相だろうな~」と予想していたら、すぐに現在のストーリーでその可能性が推理されていたりして、単調にならないそのバランスが絶妙でした。
手記の殺伐さとは逆に、ドッグカフェの経営やいい味出してる従業員などホッとする要素もあります。
また、手記の内容を真剣に受け止めている兄と違って、まともに取り合おうとしない弟の言い分が自然なのもいいです。

ラストシーンは印象的ですが、余韻は何だか物足りないです。
手記が素晴らしかった反面、終盤のストーリーがいかにもご都合主義な展開でそれまでの吸引力が薄れてしまったのですよね。
サプライズも予想がついてしまいました。
もっとシンプルに締め括った方が感動したかもしれません。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。