スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い団欒/平金魚 ★★★☆☆


“不幸”はどこからやってきて、この家族を打ちのめしたのか。視点をかえた連作短編で明かされる真実。怪談の本質を衝いた驚愕のラストに瞠目。明るい深刻が恐怖を呼びおこす、ミステリーの要素も含んだ新感覚“家庭内”ホラー。第5回『幽』怪談文学賞大賞受賞作。

<もっと、死人だっていう自覚もったほうがいいよ>

一話目の受賞作「不幸大王がやってくる」の真相に、すぐにピンときてしまったのが残念。
それほど“新感覚”ではないような。
連作ということで、だんだんと不気味さが薄れていくわりには、ストンと納得できるような感覚も味わえず・・・。
雰囲気や構成はとても好みなのですが、なんだかピースを無理やり押し込んだような、スッキリしない読後感でした。

ところで、帯にある「驚愕のラスト」って巻末の著者のプロフィールのことですよね?
あまりのインパクトに、ストーリーを一瞬で忘れてしまいました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。