スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Story Seller(2)/新潮社ストーリーセラー編集部・編 ★★☆☆☆


日本作家界のドリームチームが再び競演。今回もオール読み切りで、読み応え満点。どこから読み始めても、他では経験できない読書体験が味わえます。物語大好きのあなたも、これから読み始めるあなたも、お気に入りの作品が必ず見つかることでしょう。

<あんたという人は、どこまでも>

沢木耕太郎さんの「マリーとメアリー ポーカーフェイス」は物語というよりエッセイ。
作中で触れているドラマは、(第一話で観るのを止めた)『SUPERNATURAL』?とそちらが気になったり。
伊坂さんの「合コンの話」も斬新でよかったのですが、一番吸引力があって印象に残ったのは有川浩さんの「ヒトモドキ」
いやもうなんだか凄い迫力で。読み終えてホッとしました。
米澤さんの「リカーシブル―リブート」は、またまた連作の一編なのか、収まりの悪い読後感。
アンソロジーの米澤作品はこういうのが多いなぁ。
佐藤友哉さんの「444のイッペン」もシリーズものなのでしょうが、こちらは文章が気に障りました。
真相は好みなのに、他の作品を読みたいと思えないのですよ。もったいない。
本多さんの「日曜日のヤドカリ」も父と娘の会話がユニークですが、ストーリーは平凡かな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。