スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰王家の怪人/門前典之 ★★★☆☆


「己が出生の秘密を知りたくば、山口県鳴女村の灰王家を訪ねよ」という手紙をもらい鳴女村を訪ねた慶四郎は、すでに廃業した温泉旅館灰王館でもてなされる。そこで聞く十三年前に灰王家の座敷牢で起きたばらばら殺人事件。館の周囲をうろつく怪しい人影。それらの謎を調べていた友人は同じ座敷牢で殺され、焼失した蔵からは死体が消えていた。時を越え二つの事件が複雑に絡み合う。

誰にでも解るような真相が、なかなかインパクトのあるメインの真相を濁してしまって、いまいち盛り上がりに欠けてしまったという読後感。
なんだか心配になるくらい、伏線が張りまくり状態です。

これまでと違って、文章は少し読みやすくなったかも。
でもやっぱり、この著者の作品の登場人物の悲鳴は特徴的。
「うっわ~」とか「うゃー」とか。・・・違和感。
以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
ほんと伏線がいろいろと分かり易い。
雪入の正体や、その殺害の真相とか。
慶四郎がそういう状態なんだったら、独白の主も自ずと想像がつくわけで。
でも、それじゃ折原作品だな~とか思ってた。

そして風呂場のシーン、杉下の「ひー、鈴木さん。」の台詞で、さてさて慶四郎の本名はヒデキかヒロシかと予想。
秀臣の名前が出た瞬間「ハイ、秀臣!決定!」。
さすがに最初の死体は誰かまでは解らなかったけれどねぇ。
伏線で唯一驚いたのは、秀臣の状態が5歳の綾香に説明した通りだったことかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。