スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後探偵団/相沢沙呼・他 ★★★★☆

『理由あって冬に出る』の似鳥鶏、『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞した相沢沙呼、『叫びと祈り』が絶賛された第5回ミステリーズ!新人賞受賞の梓崎優、同賞佳作入選の「聴き屋」シリーズの市井豊、そして2011年の本格的デビューを前に本書で初めて作品を発表する鵜林伸也。ミステリ界の新たな潮流を予感させる新世代の気鋭五人が描く、学園探偵たちの活躍譚。

<また謎解きのご相談?>

「お届け先には不思議を添えて」似鳥鶏
トリックはしっかりしていて、ユーモアも好み。
未読のシリーズものだけれど、なかなか楽しめました。
「ボールがない」鵜林伸也
謎は地味だけれど、犯人の自覚がない、という真相は好き。
「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」相沢沙呼
ストーリーも真相も伏線もめっちゃイイです。文句ナシ。
「横槍ワイン」市井豊
まさかの伏線に笑ってしまった。
「聴き屋」さんの物静かなキャラもお気に入り。
「スプリング・ハズ・カム」梓崎優
一番魅力的な謎だったけれど、早い時点でオチに気付いてしまったため、あまり楽しめず。ラストは切なかったなぁ。

お気に入りは相沢作品。
キャラクターに馴染んだのか格段に読みやすくなりました。
相沢さんと梓崎さん以外は初めて読む作家でしたが、どれも予想以上に面白くてビックリ。
とりあえず、これからのミステリ・フロンティアは要チェックです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。