スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋/貴志祐介 ★★★☆☆

防犯コンサルタント(本職は泥棒?)・榎本と弁護士・純子のコンビが、4つの超絶密室トリックに挑む。表題作ほか「佇む男」「歪んだ箱」「密室劇場」を収録。防犯探偵・榎本シリーズ、待望の最新刊登場!

<おそらくこれで、密室は破れました>

「佇む男」
葬儀社の社長が山荘で遺体で発見される。
現場は密室で葬儀に見立てた飾り付けがされていた。

特に目新しさはなし。

「鍵のかかった部屋」
出所後、愛一郎が5年ぶりに訪れた亡き姉の家で、甥の大樹が一酸化炭素中毒死する。
現場はドアと窓に目張りがされ、バーベキューコンロが置いてあった。

トリックは斬新。派手さはなく、堅実な印象。

「歪んだ箱」
同僚の女性教師との結婚を控え、新居を購入した杉崎。
その新居が悪質な欠陥住宅ということが発覚、開き直る工務店社長を殺害する。

一風変わった密室の状態やトリックは面白いけれど、この殺害方法なら密室の必要性がないような。
そのままにしておけば他殺だと疑われなかったのでは。

「密室劇場」
劇団「土性骨」改め「ES&B」の公演に訪れた榎本と純子は、またしても殺人事件に巻き込まれる。

今回は真面目一本で終わるのかと思ったら、やっぱり最後にこの劇団・・・。
でも、トリックは地味に好きだったりします。

犯人の動機や心情が省かれているので結末はアッサリしていますが、それだけトリックに重点を置いているということで、あまり気になりません。
『狐火の家』の方が真相にインパクトがあって好みかな。
榎本と純子の仲が発展しないのが少し残念だったり。
どんどん天然キャラになっていく純子に笑いました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。