スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼のある依頼人/柄刀一 ★★★☆☆



仲間はみんな、シャーロッキアンで、美女で、頭脳明晰。慶子さんが特別なのは、名字だけじゃないんです。松坂慶子は、睡眠発作の持病を持つ、若奥さん。結婚によって、あの美人女優と同姓同名になりました。困難な病と、幼い息子(その名も大輔!)を抱える彼女が、年齢も国籍もさまざまな、頼れる仲間たちとともに挑む難事件とは。


<見えざる者は、どうやってトリガーを引いたのか・・・>

「女性恐怖症になった男」
敬吾は叔母の所有するマンションで火災に巻き込まれる。
出火元の部屋は密室状態で、住人の女性が殺害されていた。

うん、まぁ犯人はそうなるよね、という真相。
あ、密室トリックはとっても好みです。
「翼のある依頼人」
慶子の部屋に飛び込んできたインコはいろんな言葉を覚えていた。
ここ最近、発生している鳥の大量死との関係は?

一番お気に入り。
インコが運ぶ魅力的な謎と説得力のあるロジック、そして犯人側からの視点で締めるところがいいなぁ。
「見えない射手の、立つところ」
慶子たちは銃の修理や改良を生業とする弓弦家に招かれる。
そのコレクションルームの中で銃の発砲事件が起こるが、目撃者は銃が空中に浮いたまま勝手に発砲したと証言する。

過去の感想を読み返して、物理トリックがイメージしにくい作家さんだったことを思い出しました。
最後の真相はいくらなんでもやりすぎな気が。
動機も不満。3年前の事件、すっかり深読みしてしまいましたよ。
「黄色い夢の部屋」
ここ数日、ボクのママは眠り続けている。
その上、パパも倒れてしまい、密室状態の部屋の中で誰かに首を絞められたらしい。

いきなりどんだけ不幸に見舞われているのか、雰囲気の変わりように驚いた。

ノンシリーズだと思っていたら違うのですね。
いろいろと設定を持て余しているように感じたのはそのせいかな。
久しぶりの柄刀作品ですが、やっぱり文章の相性が悪いです。
ライトミステリなのに、なかなかページが進みませんでした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。