スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想探偵と密室メイカー/天祢涼 ★★★☆☆

密室に女優の死体―自他殺不明、凶器不明、動機不明。ミステリをこよなく愛し、並外れた“空想”力を持つ大学生・雨崎瑠雫と、彼女に片思いの宇都木勇真は謎を解くべく、行動を開始した。左遷された訳ありの刑事、女優の夫、各々の思惑が交錯する中、さらなる事件が…史上最兇の密室に隠された真相とは?

<わたしが空想する探偵を理解しなさい>

キャラクターにクセがないので、美夜シリーズより読みやすかったです。
瑠雫の特殊な癖も可愛らしく、序章の勇真とポアロの出会いのシーンには、グッと惹きつけられたのですが・・・。

全体的に、事件の規模が小さめ。密室のクオリティも低め。
第2の事件の密室なんて、スピード解決ですよ。
これでよく犯人を追及できるなぁ(そして白状してくれるなぁ)と思うくらい、ロジックの詰めも甘いのです。
犯人に関しては『キョウカンカク』の感想と同じで、もっと意外性を。
そして、一番期待していた「狂人の理屈」もこれまたパンチ不足。
う~ん、どんどんインパクトが弱くなっているような。
相変わらず、伏線の張り方はとても好みなのですが。
以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。





















まさかこんなに空想癖が本筋に絡んでないとは思わなかったので、(刑事視点の「信さん」とは別に)瑠雫と勇真の前に現れる雨崎パパはきっと空想上の人物だろうと一瞬思った。
てっきり、親子の独特な会話が伏線かと。
雨崎パパじゃなくても、誰かが空想上の人物なハズ!と、そればっかり気になっていた。
序章の事故のシーンは、車のナンバーの方に集中してしまったよ。
こういう真相にするなら、ついでに父親の犯行の理由もハッキリさせてほしかったなぁ。
「強烈な体験の共有」という伏線には少し感動したけれど。】
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。