スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生霊の如き重るもの/三津田信三 ★★★☆☆


刀城言耶は、大学の先輩・谷生龍之介から、幼い頃疎開していた本宅での出来事を聞かされる。訥々と語られたのは、『生霊』=『ドッペルゲンガー』の謎だった。怪異譚に目がない言耶は、その当時龍之介が見たものが何だったのか、解明を始めるのだが…(「生霊の如き重るもの」)。表題作ほか4編を収録した、刀城言耶シリーズ短編集最新作。


「死霊の如き歩くもの」
恩師から民族学研究所の教授・本宮を紹介された言耶は、民俗採訪などをする研究者が集まる本宮家の別邸<四つ家>を訪れる。そこで言耶は、雪の上を下駄が独りでに歩く様子を目撃。その直後、死体を発見する。

図解が出てくるのが遅すぎなのでは。
でも、足跡の真相はスキ。
「天魔の如き跳ぶもの」
先輩の阿武隈川烏に唆され、奇妙な屋敷神を祀っている箕作家を訪れた言耶。裏庭の竹薮には天魔が住み、人が行方不明になるという。

既読。この真相は予想しやすいかな。
犯人の動機にモヤモヤ。
「屍蝋の如き滴るもの」
本宮家で暮らす少年・高志が、庭の池の小島に埋葬されたはずの本宮の父親の屍蝋化した姿を目撃後、小島で死体が発見される。

こういう消極的なトリック、大好き。
「生霊の如き重るもの」
ロジックがしっかりしていて、真相の二転三転も決まってます。面白い。
「顔無の如き攫うもの」
学生4人の「怪談会」に参加した言耶は、その中の1人の幼少の頃の奇妙な体験を解明することになる。

「言耶の背後に控えている人物」に笑いました。
ラストのホラーテイストはこの作品が一番しっくりきたなぁ。
(他のラストは少しB級っぽいので。)

短編なのでボリュームは寂しいですが、「おっ!」と思わせるポイントがあって楽しめました。
あと、だらだらと説明するよりも、語り手を変えた方が読みやすいですね。
「生霊~」で、龍之介が語り手となったとき、ホッとしました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。