スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物の怪/鳥飼否宇 ★★★☆☆


鬼払いの秘祭を取材するため、植物写真家の猫田夏海は、生物の知識に精通した“観察者”鳶山久志らとともに、瀬戸内に浮かぶ現代アートの島―悪餌島を訪れた。その夜、ご神体として“鬼の腕”が収められた神社で、神事の準備をしていた女性が宝物の刀で惨殺される!洞窟に潜む羅刹の正体を、生物探偵が解き明かす!

河童、天狗、鬼がテーマのミステリ短編集。

「眼の池」
 ストーリーは好みだけれど真相が平凡かなぁ。
 沼に浮かぶ眼の正体は面白い。
 ホラーとは別の部分で気持ち悪さを感じたり。 
「天の狗」
 既読。
「洞の鬼」
 これも真相が予想どおりでもの足りない。雰囲気はいいのに。
 薀蓄はためになりそう。

どれも、ある程度真相がよめてしまいました。
この中ではやっぱり「天の狗」が一番かな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。