スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要介護探偵の事件簿/中山七里 ★★★☆☆

反骨精神をモットーとする香月玄太郎は、不動産会社を興し一代で成功を収めた社長。下半身が不自由で「要介護」認定を受けている老人だが、頭の回転が早く、口が達者。ある日、彼の分譲した土地の建築中の家の中で完全密室殺人が発生。玄太郎は警察が頼りにならないと感じ、介護者のみち子を巻き込んで犯人捜しに乗り出す。他、リハビリ施設での怪事件、老人ばかりを狙う連続通り魔、銀行強盗犯との攻防、国会議員の毒殺事件など、5つの難事件に挑む連作短編ミステリー。

遥たちの登場で、『さよならドビュッシー』のスピンオフなんだと気づきました。
正直、岬先生よりもおじいちゃんの方が魅力的だったので嬉しかったのですが、それと同時に切ない気分にもなりました。
全体的に、ミステリとしてはもの足りないです。真相が平凡かな。
お気に入りは「要介護探偵の生還」
玄太郎のリハビリシーンに読み応えがあって、ラストはうるっときました。
最終話では、やっぱりしんみり。
でも、いい終わり方だったのでは。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。