スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の探偵/有栖川有栖 ★★★☆☆

平世22年―すべての探偵行為が禁止された日本。空閑純は、17歳。両親ともに有名な探偵だが、母の朱鷺子は4年前から行方不明。父の誠は昨年、警察類似行為で逮捕され、収監されている。純は叔父の住む大阪で独り暮らしをはじめる。母の行方の手がかりを探すなか、父母に仕事を仲介していた押井照雅という人物と会える機会が訪れる。1週間後、押井の別宅で水に満たされた木箱に入った溺死体が発見された。被害者は元探偵で“金魚”と呼ばれていた男だった。

<探偵名<調律師>。狂ったこの世の音程を正す者>

ああ~シリーズになったのですね・・・。
前作の結末がとっても印象深かったので、あのままで良かったのになぁ。
父の逮捕後、高校に通わずにバイトをしながら一人で生活する中、なんとか母の情報を手に入れたいと願う純。
前作の友人たちとも離れてしまうので、全体的に暗くて、ページがなかなか進みませんでした。
後半にようやく発生する事件も地味なんですよね。
ミステリよりも世界観を重視したストーリーなので、ついていくのに疲れました。
来年、シリーズ第3弾が刊行されるけれど、もういいかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。