スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家小説/有栖川有栖 ★★★☆☆


作家だらけの連作小説。
ミステリではありません。


『書く機械』
ここまで極限状態に追い込まれると、却って書けなくなるものなんじゃ・・・?
その点は、編集長の人を見る目があったということかしら。
ラスト、引き返せなくなった姿が憐れです。
『殺しにくるもの』
一番、面白かったです。
犯人の特徴も、一層恐怖を煽ってます。
ラストもびっくり!
こういう趣向は大好きです。
『締切二日前』
もう、作家の苦悩と焦燥感がひしひしと伝わってきます。
作中で、他の作品に使えそうなアイディアを惜しげもなく披露してますが、結構面白いのもあるのにもったいない~。
オチもすっきり。
『奇骨先生』
少し青春小説っぽい雰囲気でした。
「先生、そりゃなんでも大人気ないよ」と、思わなくもないですが結構爽やかな読後感でした。
『サイン会の憂鬱』
私はサイン会に並んだこともないし、遭遇したこともありません。
この作品も多種多様の人々が並んでいて、それがなんともリアルで面白かったです。
終盤に近づくにつれて、ガラッと雰囲気(ホラー??)が変わってしまうのですがこういう毒気も良いですね。
『作家漫才』
作家2人の掛け合いが面白い~。
「歌手は同じ曲を何度もテレビで唄えるのに、作家は同じ作品を何度も発表できない」
「歌手は舞台の上で客の反応をじかに味わうことができるのに、作家は孤独に部屋で作業するだけ」
など、卑屈な発言が飛び出します。
有栖川さんはいつもこんなこと考えてるのかしら?
『書かないでくれます?』
ああ~怖い怖い。
「金魚」のエピソードがゾーッとします。
ラストの不安感がたまりません。
『夢物語』
ずっと覚めることのない夢のお話。
「マクベス」を「マルヘ王」、「ローマの休日」を「王女の休日」と題名を変えることで、主人公の罪悪感が伝わってきます。
ラスト一行がとてもシュール。
こうなるとは思っていましたが。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。