スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢違/恩田陸 ★★☆☆☆

夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、亡くなったはずの女の影に悩まされていた。予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだろうか?そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。各地の小学校で頻発する集団白昼夢。狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、そこにある符合を見出す。悪夢を変えることはできるのか。夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものは―。人は何処まで“視る”ことができるのか?

<夢は外からやってくる>

SFの設定にいまいち惹かれませんでした。
「夢判断」や「夢札」などのワードも、恩田作品にしては新鮮味を感じず。
数年前までは『きのうの世界』のような伏線放置状態でも楽しめたのに、私がだんだんストーリーを重視する方向に寄っているのかなぁ。
全体的に恩田さんの持つ「恐怖のイメージ」が羅列しているだけの印象で、読後は物足りなく感じてしまいました。(正直、『ミスト』っぽいシーンには冷めました。)
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。