スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色の獣、彼方に向かう/恒川光太郎 ★★★★☆

樹海に抱かれた村で暮らす大輝は、ある日、金色の毛をした不思議な生き物と出合う。ルークと名付けて飼い始めるが、次第に大輝の体に異変が起きてきて……。「樹海」と「サンカ」をテーマに、鬼才が読者を神々の世界に誘う、表題作を含む4編を収録。

<恐ろしい話になりますが、
           いいのでしょうか?>


「異神千夜」
還俗して草庵で暮らす遼慶は、ある日泉の近くで一人の男と出会う。
男は遼慶に、最近このあたりで怪しいものが現れなかったかと訪ね、自分の過去を語り始めた。

男・仁風の数奇な人生が読み応え抜群で、異界へ踏み込む流れも違和感なく受け入れられました。
「風天孔参り」
樹海の近くで宿とレストランを営む私の元に、若い女性が訪ねてきた。
彼女は樹海で出会った不思議な集団の話を語り始めた。

風天孔参りの目的や描写がやけに魅力的で、そんな存在を知ったら同行を希望する人が続出するだろうなぁ、とぼんやり。
「森の神、夢に還る」
稲光山に棲む「私」は動物たちに憑依することができた。
ある日、蒸気機関車に乗り込むナツコへ憑依し上京した「私」は、彼女と共に暮らし始める。

ナツコに起こる出来事よりも「私」の語る過去に惹きこまれました。
「金色の獣、彼方に向かう」
猫の墓堀人の掘った穴に潜むモノが呼びかけるシーンは恐怖。
大輝が「手伝い」を拒否したことにホッとしました。普通はそうだよね。

どの作品も私好みのダークファンタジー。
オチなど細かいことを考えずに、純粋に物語を楽しむことができました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。