スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロートケプシェン、こっちにおいで/相沢沙呼 ★★★★☆

やっと酉乃の本心を受け止める事ができたと思ったクリスマスのあの日。勢いと雰囲気の力を借りて告白した僕は、なんと彼女の返事はおろか、連絡先さえ聞き忘れたまま冬休みに突入してしまった。もしかして迷惑だった?悶々と過ごす僕に、新年早々織田さんたちからのカラオケの誘いがかかる。そこで起こったちょっとした事件の謎を解くべく、僕は『サンドリヨン』へと向かうが…。

<ねぇ、あたしの願いは、叶うと思う―?>

「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」は既読。
ある女生徒の暗鬱な展開を予感させるRedBackと、ほのぼのとした須川くんの日常の謎を描いたBlueBackとの対比が見事。
前作で感じた須川くんの気持ち悪さも払拭され(ムッツリは健在)、ハツとのラブストーリーも微笑ましく感じました。
少しずつ心を開いていくハツもとても可愛らしいのですが、それ以上に八反丸さんのキャラが秀逸。
「恋のおまじない~」の仕打ちとか面白すぎる。
読み進むにつれ、少しずつ違和感がカタチになってしまい、残念ながらサプライズは不発に終わってしまいましたが、こういうプロットはとても好み。
次も期待!
以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















調理実習室に落ちてた指は、須川くんに見せたハツのマジックのタネってことでいいのかな。
あと一点、同じクラスのグループにハブられたくないからっていうならともかく、別のクラスの子たちと一緒になって「ユカ」をハブらないといけない理由がよくわからないのだけど。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。