スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫柳十一弦の後悔/北山猛邦 ★★★☆☆

大学の探偵助手学部に通う君橋と月々の気分はどん底だった。名門ゼミ入り審査に落ち、悪ふざけで希望を出した知名度ゼロの猫柳ゼミ行きが決まったから。そう、指導教官は功績不明かつ頼りなさげな女探偵・猫柳十一弦。彼女の下では立派な探偵助手になれないのか(涙)?だが名門ゼミとの合同研修が決まり、人生大逆転をめざし孤島の館へ。その合宿中、奇怪な殺人事件が発生する。

<意外にも優秀な探偵はここにいた>

音野と同じく猫柳探偵も小動物みたいで可愛らしいのですが、事件が起きてからの行動の薄気味悪さが気になって謎に集中できませんでした。
キャラクターを深読みしたせいで、最後までまったく馴染めなかったのが残念。
そして、事件は派手でロジックもしっかりしているのに、あまり印象に残らない真相。
犯人の動機も、被害者が気の毒としか・・・。
私が胡散臭く感じた探偵の行動も、ラストで彼女の信念を知ると納得できますが、これがシリーズ化するなら、毎回、猫柳探偵が後悔し続けないとミステリ的にはあまり面白くないかも・・・と心配になったり。
やっぱり私は音野シリーズがいいなぁ。そして短編の方が好み。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。