スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贖罪の奏鳴曲/中山七里 ★★☆☆☆

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。
だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。


早い段階で真相が分かってしまったのが残念。
中山作品ではミステリ面はともかく、エピソードで読ませるというパターンが多いのですが、裁判シーンはやや身勝手な印象で、御子柴の過去も薬丸作品と比べると軽めに感じてしまいました。
評判がよさそうなので、私の場合、ジャンルが悪かったということかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。