スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖2/三上延 ★★★☆☆

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。

伏線もバッチリで、ダークな真相も好み。
前作のようなサスペンス色はないですが、有名な作品や作家の逸話にはやっぱり驚かされます。
第2話なんて本当に意外な真相でしたよ。
今回は、メインとなる謎にあまり惹かれなかったのが残念。
逸話を基にしてストーリーを組み立てているのも、こじつけ感が強まったような。
それにしても、絶対、順番通りに読まないとダメですね。このシリーズ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。