スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇面館の殺人/綾辻行人 ★★★☆☆

奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、“奇面の間”に転がった凄惨な死体は何を語る?前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。

あらすじの「前代未聞の異様な状況」が本当に斬新なんですよね。
ミステリでこんなにワクワクした展開は久しぶりでした。
でも、私は首の切断の理由に拍子抜けしてしまって。
これって、いろいろと深読みすればするほどガックリきますね。
真相解明シーンでは「そりゃそうだけどさぁ・・・」と、モヤモヤした気分に。
あと、登場人物が「駒」状態で味気ないので、せめて幻想ホラーな雰囲気で盛り上げてほしかったかな。
読後感は薄め。サプライズの衝撃も弱かったです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。