スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォックスの死劇/霞流一 ★★★☆☆

怪奇映画の巨匠・故大高誠二監督の墓が散歩した!?
だがそれは奇妙キテレツな連続事件のほんの発端に過ぎなかった。
大高監督と関わりの深かった映画人たちの首や腕や足が持ち去られた死体がゴロゴロ、しかも殺人現場にはキツネの面、油揚げ、赤い鳥居などのお飾りが。
犯人は一体何を考えているのか?
事件に巻き込まれた探偵・紅門福助が謎に迫る!



<老人とは存在そのものがサスペンスである>

自他認めるバカミス作家、霞隆一さんです。
霞作品の長編は「呪い亀」に続いて2作目。
「呪い亀」がもうとんでもないバカミスで、いまだに忘れがたい衝撃が残っているのですが、それと比べると今回は少し地味ですね。
やはり順番通りに読まないと・・・後悔。

でも全編に散りばめられているギャグの数々にはニヤニヤし通しでした。
すべてが成功しているとは言いませんが、私は大満足です。
とにかく、紅門の「つい出来心で口に出す一言」が最高!
それを切り返すオババの腕も見事。

しかし、ギャグにごまかされている場合ではない。
描写を細かくチェックすると、伏線が巧妙に張られています。
そして、最後の謎解きでは立派な「本格ミステリ」に変化しているのです。
もちろん、論理に強引さを感じるのですが納得させられてしまうのですよね・・・。

映画関係の薀蓄などはあまり興味がなかったのですが、事件の導入が手早いのと、次々謎が出てくる展開はなかなか飽きさせません。
これは追いかけなくては・・・!
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。