スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年ジュリエット/初野晴 ★★★☆☆

こんどの舞台は文化祭。アメリカ民謡クラブ、演劇部、そして吹奏楽部…おかしなキャラクターたちがひき起こす難問題とは?青春ミステリ“ハルチカ”シリーズ第4弾。

<想いはずっと生きていく>

今回は、ひとまず普門館は置いといて文化祭が舞台。
どれも安定した謎解きなのですが、少し印象が薄いかなぁ。

ほとんどの登場人物が個性的なので、逆に区別が付かなくなってしまったかも。
これまでのキャラの記憶がぼんやりしちゃっているからでもありますが。
生徒会長の存在感はさすがですが、お気に入りだった名越がだんだん霞んでしまって寂しいなぁ。
「エデンの谷」では、草壁先生の古い知り合いが登場。これでやっと秘密が暴かれるのかとドキドキだったのですが。謎解きはシンプル。
「失踪ヘビーロッカー」は読後、タイトルにニヤリ。
「決闘戯曲」のオチには「ああ!そんな手が!」と笑えました。
表題作は儚さたっぷり初野ワールドでしたが、少し展開が読めてしまったかな。
次は、普門館に向けて前進して欲しい。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。