スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽女の如き怨むもの/三津田信三 ★★★☆☆

戦前、戦中、戦後にわたる三軒の遊郭で起きた三人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。
誰もいないはずの階段から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込むなにか……。
大人気の刀城言耶シリーズ最新書き下ろし長編!


<にたっ・・・と嗤ったのです>

第一部はとにかく読み応えがありました。
遊郭が舞台ということで、初代緋桜がこれからどういう目に遭うのかが予想できるだけに、とてもやりきれない気持ちにさせられるのです。
彼女の心の動きが本当に丁寧に描写されていて好印象。深みを持たせるなぁ。
なかなか事件が起こらないのにまったくイライラしないのですよ。もう夢中でした。

でも、第二部からは形式が変わったからか、もひとつ乗り切れませんでした。
第一部では、もう事件なんて起こらなくてもいいや~という気分でしたが、実際、真相が予想通りで二転三転もナシとくると、やっぱりもの足りなく感じますね。
巻末にある参考文献をかなり解りやすくまとめてくれているので、遊郭事情には詳しくなれたかも。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。