スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原のフーダニット/有栖川有栖 ★★★☆☆

「オノコロ島ラプソディ」容疑者には鉄壁のアリバイ。国産み神話の淡路島で、火村を待ち受ける奇天烈な事件。「ミステリ夢十夜」有栖川有栖は近ごろ怪夢を見る。火村と彼を次々と不可思議が襲う夢だ。今夜もきっと…。「高原のフーダニット」弟を手にかけました…美しい高原を朱に染めた双子殺人事件は、一本の電話から始まった。

<俺は三毛猫ホームズか・・・>

地元近辺が舞台なので、親近感たっぷりの読書。
でも、トラベルが中心でミステリとしては印象に残りませんでした。

「オノコロ島ラプソディ」
このトリックを使うには、打保さんのキャラ付けが薄かったような。
でも、決して嫌いじゃないです。
「ミステリ夢十夜」
「こんな夢を見た。」で始まる形式は好みですが、あまり完成度が・・・。
第四話のオチはいいですね。
「高原のフーダニット」
分量の割にはとてもシンプルな真相でした。拍子抜け?
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。