スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のない夢を見る/辻村深月★★★★☆

望むことは、罪ですか?願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。

<仕方ないじゃないか、人間なんだから>

一話読み終わるごとに、深くため息をつきたくなる短編集。
これまでの作品の雰囲気を少しずつ混ぜ合わせながらも、ストーリーで直球勝負しているような迫力を感じました。

「仁志野町の泥棒」
設定が斬新。なんともいえない虚しさ漂うラストにやられた。
「石蕗南地区の放火」
主人公の感じるストレスにも、打算に揺れる気持ちにも、一番共感できたなぁ。
「美弥谷団地の逃亡者」
どんどん雲行きが怪しくなる展開に惹き込まれる。
ラストの台詞には、衝撃と「やっぱりなぁ」という想いが同時にきた。
「君本家の誘拐」
救いはあるけれど、これが一番後味が悪かったりする。

実際に起きた事件を題材にしている作品もあり、その背景が見えるようで興味深かったです。
やっぱり、既読の「芹葉大学の夢と殺人」が秀逸。
描かれている女性心理のすべてに共感することはないですが、一つひとつの表現に胸が騒ぐのです。
久しぶりに、辻村深月の筆力に圧倒されました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。