スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mystery Seller/我孫子武丸・他 ★★★☆☆

日本ミステリー界を牽引してきた8人の作家の豪華競演。御手洗潔、江神など、人気のおなじみの主人公から、気鋭の新たな代表作まで、謎も読み口も全く異なる八篇を収録。すべて読み切り、どの事件から解くのもよし。極上のトリックに酔いしれる、ミステリーファンに捧ぐ、文庫史上もっとも豪華なアンソロジー。

<少々病んできたのかもしれない>

「進々堂世界一周 戻り橋と悲願花」島田荘司
島田作品ってこういう傾向になってきているのかしら。
読み応えはあるけれど、メッセージ性が強すぎるかなぁ。
「四分間では短すぎる」有栖川有栖
謎も面白いけれど、『点と線』に対する有栖川さんの解釈が興味深かった。
「夏に消えた少女」我孫子武丸
サプライズのキレが抜群。あ~びっくりした。
「柘榴」米澤穂信
こういった種類の動機は苦手だけれど、ラスト一行がたまらない。
「恐い映像」竹本健治
テーマはとても面白いのに、キャラクターのせいで安っぽく仕上がっていて残念。
「確かなつながり」北川歩実
真相が北川さんらしいわー。ブレないわー。
「杜の囚人」長江俊和
「一転」には驚いたけれど、そこからの展開はどうしても読めてしまうよね。
「失くした御守」麻耶雄嵩
この読後のザワザワした気持ち悪さといったら!
さっすが麻耶さん。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。