スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラバー・ソウル/井上夢人 ★★☆☆☆

洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、社会との繋がりだった鈴木誠。女性など無縁だった男が、美しいモデルに心を奪われた。偶然の積み重なりは、鈴木の車の助手席に、美縞絵里を座らせる。

<ぼくを真っ直ぐに見るのは、厭ですか?>

だって井上夢人ですもの。
もっと「奇想」を期待しちゃったのですよ。

誠のイメージには『殺人!ザ・東京ドーム』の主人公を思い出すなど、読み始めは懐かしんだりする余裕があったのですがねぇ。
ストーカー行為の描写が延々続くのにも気が滅入るのですが、被害に遭っている女性の視点も内容が重なってたりするので、ものすごくストーリーのテンポの悪さを感じました。
不要な証言も多いような。

こういうタイプの作品に触れすぎたのか、真相にもまったく心を揺さぶられず。
その後のフォローの軽さが気になったなぁ。
以下、自分のためのメモ。真相に触れているので、OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
誠の取調べ風の文章は、人見知りなはずの誠が流暢に喋りすぎていて、最初から違和感があったのよね。
絵里の昔のストーカーのエピソードがしつこかったので、そのストーカーが事故に遭って顔を怪我して「鈴木誠」に成ってしまったのかと考えたり。(誠の境遇も「金山」も空想で。)

一緒の車に乗ってくれた感動ってのも、「そんなことでここまでしてあげる?」と冷めた目線になってしまうのが残念。
「そんなこと」が誠にとっては重要だった、というポイントも受け入れがたく感じるほど、絵里の性格が酷すぎるのよ。
絵里の殺人の動機もどうよ。

真相でまったく感動できなかった私としては、どうせ嘘でひっくり返すなら恋愛の部分も嘘だったら良かったのになぁ、なんて。
恋愛とは別の理由で協力しているとか。
恋愛だとしても、病気で顔が変形する前に親しかった女の子だとか。(年齢差に問題があるけれど。)
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。