スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト本格ミステリ2012/本格ミステリ作家クラブ・編 ★★★★☆

「オンブタイ」長岡弘樹
結末は大体予想がつくのだけれど、ラスト一行が素晴らしい。
ヒール役がもう少し濃いキャラだった方がスッキリしたかも。
演出のセンスと伏線だらけの作品でした。満足。
「白きを見れば」麻耶雄嵩
麻耶さんにしては真相がシンプルかな。
「著者のことば」を先に読むと、面白味が半減するので注意。
「払ってください」青井夏海
なんだか違和感のある家族だなぁと思っていたら、真相でストンと腑に落ちました。最後まで、この夫の評価は上がらなかったけれど。
「雀の森の異常な夜」東川篤哉
既読。やっぱり発想がいいわぁ。
「密室劇場」貴志祐介
既読。でも再読の方が楽しめたかも。トリックが印象深いです。
「失楽園」柳広司
訪れたことのあるバーが舞台だったので驚きました。
スパイのテクニックは鮮やか。いろんな方法があるもんだなぁ。
「不良品探偵」滝田務雄
この高校生コンビは、新シリーズなのかしら。
相変わらず、普通のミステリだけど、読んでいて楽しいからいいや。
「死刑囚はなぜ殺される」鳥飼否宇
鳥飼作品にしては、途中で真相がキレイに解ってしまいました。
伏線が親切すぎ?でも、この舞台設定には興味あり。
「轢かれる」辻真先
なるほどねぇ、の真相。
最後はもう少し、父親との触れ合いが欲しかったかな。
ドラマチックな割に、アッサリとした読後感でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。