スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エムブリヲ奇譚/山白朝子 ★★★☆☆

旅人たちは各地の案内をする道中記を手に名所旧跡を訪ね歩く。『道中旅鏡』の作者・和泉蝋庵はどんな本でも紹介されていない土地を求め、風光明媚な温泉や古刹の噂を聞いては旅をしていた。しかし実際にそれらがあった試しはない。その理由は蝋庵の迷い癖にある。仲間とともに辿りつく場所は、極楽のごとき温泉地かこの世の地獄か。

<このような理不尽には慣れっこです>

「エムブリヲ奇譚」
作家・和泉蝋庵の荷物持ちである私は、ある夜、小川の岸辺で「エムブリヲ」を拾って持ち帰る。
私は「エムブリヲ」で金儲けをしようと見世物小屋を始め、それが大評判に。
調子を良くした私はますます賭け事にはまって、借金が膨らんでしまい・・・。

「エムブリヲ」という言葉を使いたかっただけでは?と思うくらい、普通の怪談。
「ラピスラズリ幻想」
書物問屋に住み込みで働いている輪は、ある日、和泉蝋庵の旅に付き合うことになる。
不思議な村にたどり着き、病で死に直面した少年を持っていた薬で助けたところ、老婆から美しい青色の石をもらう。
そして老婆から、その石を死ぬまでずっと身に付けておくこと、そして決して自ら死を選んではいけないと忠告されるのだが・・・。

繰り返しの人生を歩む輪の結末を、あの一行で済ましてしまうというのがなんとも。
「湯煙事変」
和泉蝋庵と荷物持ちの私がたどり着いた村には、入ると戻ってこられなくなる温泉があるという。
試しに私が夜に入ってみると、湯煙の向こうにずっと昔に死んだはずの人物たちが現れ始める。

「〆」
私と和泉蝋庵が訪れた茶屋で一匹の鶏と出会う。
私たちの後をずっとついて来る鶏を「小豆」と名付け、一緒に旅をすることに。
ある日、私たちは家やそこで出される食べ物が人間の顔に見える漁村に迷い込んでしまう。

これはスゴイ。意表を突く残酷性に参りました。
「あるはずのない橋」
旅の途中で珍しい刎橋を見かけた私たちは、そのことを村長の家にいる老婆に話すと、その刎橋は四十年も昔に落ちてしまった「あるはずのない橋」だという。
そして、橋の落下で息子を亡くした老婆に、橋まで連れていって欲しいと頼まれる。

「顔無し峠」
道に迷った私たちは、村民すべてが私のことを「喪吉」だと勘違いする集落に連れていかれる。
本物の喪吉は、一年前に谷川に落ちて流されたらしいのだが・・・。

「地獄」
山道で山賊一家に襲われた私は薄暗い穴の底へと閉じ込められてしまう。
そこには若い男女と私の3人だけ。
山賊一家はときどき干し肉を与えてくれたが、ある日、一人だけ助けてやると言われ・・・。

「SEVEN ROOMS」の理不尽さやグロさは、ラストで一瞬にして切なさへと変わったのになぁ。似た設定でこちらはヒネリなし。残念。
「櫛を拾ってはならぬ」
和泉蝋庵が新しく荷物持ちに雇った青年は怖い話が大好きだといい、毎晩2人で怪談を語り合っていた。
旅の途中、青年が櫛を無くした老女と出会ったといい、蝋庵は「落ちた櫛はすぐに拾ってはいけない」と忠告する。
その数日後、青年の様子がおかしくなり、蝋庵の抜け毛が迷惑だと激高し始める。

和泉蝋庵の「迷い癖がヒドイだけで決して変人ではない」という部分が楽しめた。
「「さあ、行こう」と少年が言った」
地主に嫁いだ「私」は、土蔵で道に迷ったという少年と出会い、読み書きを教えてもらうことになる。
夫やその両親から冷遇されていた「私」が唯一心が休まる時間だったが、夫たちに気付かれてしまい・・・。

オチがいいです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。