スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空耳の森/七河迦南 ★★★★☆

思い出の山を登るひと組の男女。だが女は途中で足を挫き、別行動をとった男を突然の吹雪が襲う。そして、山小屋でひとり動けない女に忍び寄る黒い影―山岳を舞台にした緊迫のサスペンス「冷たいホットライン」。孤島に置き去りにされた幼い姉弟の運命を描く「アイランド」。ある不良少女にかけられた強盗の冤罪をはらすため、幼なじみの少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」。居酒屋で男が安楽椅子探偵に遭遇する「晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)」

<それは皆一つだけの想い>

”この著者の作品が好きな人”なら、絶対読むべきですね。

一話目の「冷たいホットライン」から、私好みのトリッキーな作品。
「It's only love」の真相にも、見事に翻弄されました。
「さよならシンデレラ」の余韻がとっても好みだったので、その次の「桜前線」で少しがっかりといいますか、いや、こちらも傑作なのですが。
「アイランド」といい、このまま完結してもいいのになと思うほど余韻が深いのです。

そして、表題作で軽く混乱。
前作は最終話で満足感が得られましたが、今作は短編のクオリティが高い上に、さらにパンチを喰らってしまいましたよ。
これまでより伏線の張り方が絶妙です。参りました。
以下、自分のためのメモ。真相に触れているので、OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
さて、気づいた伏線を拾ってみよう。
これ、順番がいいのよねー。
第一話でノンシリーズの短編集だと思い込ませるのが巧すぎる。
まぁ、書き下ろしではないからか、全体からみると少し浮いている印象なのは仕方ないとして。
今回の主人公の正体にも驚いたけれど(デビュー作では2ページ目に登場していたのにもビックリ)、ほとんどの作品に少しずつ登場する人物が「あのヒト」だったなんてねぇ。
表題作を読むまで全然気づかなかった。
特に、祝電とトリちゃんには驚いたかも。
結婚式のメンバーも、なんだか違和感があったんだけど。そんなまさか。
チコは道子かな?ミュウは解らなかったなぁ。
時系列でいくと、「It's only love」のこれから呑みに行くという「幼なじみ」はリコよね。再会できたのね。
そして、明だったかー。
カイエが刺されたときに助けてくれた男の子ってところがドラマチックで好み。
「晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)」のラストの「尚子と名前が似ている友達」は直=佳音よね。
今と昔で名前が違うので、マスターは「全然・・・」となったのね。
細かいなぁ。
でも、「発音されない文字」はさすがに唐突な印象が。
前作の真相を解明した翌日の話ね。
なるほど、この後、霧の先で待っている海王さんに出会って泣いたのね。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。