スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚像の道化師/東野圭吾 ★★★☆☆

新興宗教の道場から信者の男が転落死。男が勝手に窓から飛び降りたという証言の中、教祖が自分が強い念を送って男を転落させたと自首してきた。(「幻惑(まどわ)す」)。突然暴れだした男に草薙が刺された。男が勤める会社では部長が自殺、また幻聴に悩む女子社員がいた。(「心聴(きこえ)る」)。友人の結婚式でリゾートホテルを訪れた湯川と草薙だが、近くの別荘で殺人事件が発生(「偽装(よそお)う」)。劇団の演出家が殺された。凶器は芝居用のナイフだが全劇団員にアリバイがあった。(「演技(えんじ)る」)。

第一話と第二話はガリレオシリーズっぽいけれど、トリックに意外性がないといいますか、まぁそういう真相だよねぇと予想できたのが残念。
第三話は短編なのに陸の孤島が舞台。あっさり風味。
『真夏の方程式』ほどではないけれど、こういう結末ってどうも苦手なんですよね。
草薙は情にもろいタイプでもいいから、湯川のキャラはブレないでほしい。
最終話は、心理的なモノも含め、仕掛けがパッとしない印象。

あまり「なるほど!」という気持ちになれなかった一冊。
初期の頃の鋭さは感じられませんでした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。