スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祟り火の一族/小島正樹 ★★★☆☆

殺したはずの女が蘇り、のっぺらぼうが林に立つ。
包帯男に語り聞かせる怪談に興味をもった劇団員の明爽子は、刑事の浜中と探偵の海老原を巻き込んで、捜査に乗り出した。舞台となった廃鉱山では、連続殺人が起きていたと判明。解き明かされる真実から、火に祟られた一族の宿命が浮かび上がる。


<火を厭うほど、呪われる>

今回もトリックが多数仕掛けられています。
初期の頃はそれを贅沢だと感じていたのですが、どんどん強引になっている印象。
とても複雑ですが、驚きの真相が一つもないのが寂しいなぁ。
目撃者の視点からだと、まさに怪異としか思えない現象でも、第三者が冷静に状況を整理すると、大体の真相が見えてしまうのですよね。

でも、キャラクターは良かったです。
浜中は前作から好印象だし、明爽子も煩すぎなくてイイ。
なによりも、終始、海老原のテンションが低めだったのが嬉しいなぁ。
これまでより、かなり読みやすかったです。
次作は海老原の過去にまつわる事件かしら。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。