スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の底は柔らかな幻/恩田陸 ★★★★☆

特殊能力を持つ“在色者”たちが、“途鎖国”の山深くに集まる“闇月”。殺戮の風が、次第に暴れ始める―。殺人者たちの宴が、幕を開ける。

<ここは黄泉の国>

さすがさすがの恩田ワールド。
今回も様々なファンタジーを堪能しましたが、なにより「目からゴボウ」というのが異様に印象に残りました。

これまでの作品と同様、「謎」のばらまき方が絶妙で、世界観や用語などまったく解らないままストーリーが進んでも、ガッチリ心を掴んで話さないのですよ。
上巻は一気読みの面白さでした。
ただ、在色者の能力がハッキリしないため、「あ、傷は治せないのね」とモヤモヤしたり、もう少し、頭脳戦っぽいほうがワクワクしたのになぁ、など不満もアリ。
あと、舞台のスケールが大きすぎて、登場人物個々の目的がちっぽけに感じてしまったのが残念。
特に、実邦が山を目指す理由がねぇ。
公私混同は別として、ライフル抱えていくんだから、もっとヒドイ目に遭ったのかと。
上巻の出来事からして、葛城に復讐する理由の方がよっぽど強いと感じたのですが。
神山の起こした事件といい、その辺りの事情がサラッと描かれているので、最後まで共感できないままでした。

下巻は残りのページ数を確認して、絶対に伏線を回収する気がないよね恩田さん、と予想した通りの結末でした。
でもまぁいつもの読後感なので、そこに不満はありません。
十分楽しませてもらいました。
なんだかんだで、あの2人の結末には少しホッとしてしまった・・・ごめんよタミさん。
葛城もあんなに実邦に執着してるのに、16年もよく放っておけたなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。