スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のカルテ/高野和明、阪上仁志 ★★★☆☆


襲撃事件に遭遇した麻生刑事は、夜毎の悪夢に苦しめられていた。
心理療法を受けようと決心した彼は、来生夢衣という不思議な雰囲気をたたえた女性カウンセラーと出会う。
やがて麻生は、夢衣に特殊な力があることを知る。
彼女は他人の夢の中に入ることができるのだ。
夢の力を信じた二人の愛の物語。(帯より)


高野作品は他に『13階段』と『グレイヴディッガー』を既読。
この作品はご友人の阪上さんと共同でストーリーを作成したそうです。
心理療法がテーマなので、阪上さんはその分野の人かと思ったのですが無関係でした。

夢衣と健介の交互の視点で話は進むのですが、とても読みやすく、2人の距離が縮まる様子、嫉妬や焦りが手に取るように伝わります。
文章もとても女性的で柔らかく、癒しの雰囲気も抜群に良いです。

4章で構成されていて、それぞれ別の事件が起こります。
カウンセラーの仕事についても、興味深く読むことができました。
心理療法では、クライエントがカウンセラーに(誰かの面影を見ることにより)好意を抱く『恋愛転移』という現象が起こるそうです。
もちろん、その立場が逆になることも。
夢衣は、自分の想いが恋愛転移(まがい物の愛)なのではないか、だとするといつか辛い別れが訪れるのではないか、という不安に駆られます。
そして、もし転移しているのだとすると、夢衣は健介に誰を重ね合わせているのか、健介の「守らなければ」という意思は何が原因となっているのか。
これが全編に共通する謎となり、最終章で明らかになります。
焦りすぎたのか、少し拍子抜けの真相でしたが。

読書前に、癒しの物語だという情報を仕入れて、しっかり泣く準備をしていました。
しかし・・・期待が大きすぎたのか、それとも長編だと思っていたからか、少し不満が。
評判はとても良いみたいなので、私の感覚の問題だと思うのですが・・・もっと感動できると思ってたのですよね・・・。
一番気になったのは、各章で発生する事件の扱いが軽く感じられたこと。
夢衣の治療がメインで、そのために用意された事件なのだから仕方ないのでしょうが。
でも、その治療法にも特に新鮮味が感じられないのは残念。
似たような設定なら『製造迷夢』の方が好みです。

でも、題名の『夢のカルテ』はぴったりでした。
とても透明感のある作品です。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。