スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福家警部補の報告/大倉崇裕 ★★★☆☆

実力派漫画家と辣腕営業部長、もと同人が迎えた不幸な結末(「禁断の筋書」)、少女が目撃証言を拒むのはヤクザの一徹に絆されたからか(「少女の沈黙」)、老夫婦が爆弾で吹き飛ばした三人は銀行を襲う直前だった(「女神の微笑」)。『福家警部補の挨拶』『福家警部補の再訪』に続く、倒叙形式の本格ミステリ第三集。

<あなた、私のことを疑ってるでしょう>

三作目にして、急に福家警部補のキャラが魅力的に感じてきました。
驚きのロジックはないけれど、ストーリーはシリーズの中で一番よかったです。
特に「少女の沈黙」は読み応えアリ。菅原の動機にもう一捻りあればなぁ。
福家警部補が関係者たちに幸福を運ぶ(?)エピソードも温かくて好みです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。